ブログ BLOG

寒暖差疲労

2019.02.03 ブログ

みなさんこんにちは

スタッフの小島です(^^)

週末は天候が良く暖かくて気持ちいいですね(*´∀`*)

 

暖かくなったり、寒くなったりと寒暖差が激しいですが

身体がだるいと感じることはないですか?

実はそれ差疲労かもしれないですよ!

 

 

寒暖差疲労とは・・・

季節の変わり目や、1日の中で気温差があると発生します。

寒暖差疲労を起こしやすくなる気温差は、

前日と比較して5℃以上」といわれています。

 

 

 

寒暖差疲労のメカニズム

寒暖差の激しい環境で過ごしていると、私たちの体は気温差に対応しようと

何度も熱を作ったり逃がしたりして、必要以上にエネルギーを消費します。

その結果、寒暖差疲労を生じ、自律神経が乱れます。

 

 

対策としては

湯船に浸かることです。

湯船に浸かることで

体に蓄積された老廃物や疲労物質が取り除かれる「温熱作用」、

血液やリンパの流れを改善する「水圧作用」、

筋肉や関節をリラックスさせる「浮力作用」の3つの効果を得られます!!

 

 

上の3つ以外にも

気温差をなくすために体を温める事をオススメします。

ポイントは首・手首・足首の「三首」を重点的に温めましょう

3首を温めることで、効率的に全身に血液をめぐらせることができます。

 

当院での寒暖差疲労の治療としては

腸もみです!

腸は第2の脳と呼ばれ

とても繊細な所です。

自律神経(交感神経、副交感神経)の切り替えを24時間休まず行っている所です。

 

腸の働きを良くする事は自律神経を整える事でもあり

上記の対策と同時に行うことにより寒暖差疲労の対策となります。

是非試してみてください。

 

大倉山 地域一番院

全日開院 駅前

大倉山エルム通り整骨院 小島