ブログ BLOG

自律神経の乱れには・・・

2022.02.25 ブログ

みなさん

こんにちは!

 

寒い日が続きますが体調はいかがですか?

週間予報では週末に17℃になるとか・・・

 

10℃以上の気温上昇です(*_*;

暖かくなるのはいいですが、気温の急変化は注意が必要です!!

 

急な気温差は身体を一定に保とうとする自律神経がフルに働くことになります。

 

急激な気温差により毛穴を広げて血管を拡張して発汗を促したり、

毛穴を閉じて収縮させて体温を維持したりする(保温)という自律神経のバランスを乱してしまいます。

また、人の身体は±5℃までの変化にしか対応できないといわれています。

 

その他にも現代では自律神経を乱す原因は多くあります。

例えば、デスクワークやスマホ。

緊張しながら近くの画面に眼のピントを合わせますが

本来の人の行動に反するそう。

 

ブルーライトを多く浴びることで、脳が緊張状態になり

頭部のてっぺんあたりにある頭皮の下の帽状腱膜が固くなってしまいます。

この帽状腱膜が固くなることで、頭皮全体が固くなり

脳のパフォーマンスが落ち

・疲労が抜けない

・仕事の効率が落ちる

・眼精疲労

・睡眠の質低下

・重ダルさが抜けない

・頭痛

など様々な症状が出やすくなります。

 

そうなる前に就寝前に緊張状態を脱し自律神経を整える

セルフケアとしてヘッドマッサージを紹介させていただきます!

 

➀後頭部を伸ばして緩める

1)

両手を握り、後頭部の骨の出っ張った部分に

4本の指の第2関節を当てる。

 

髪をかき分けるようにして、皮膚と関節を密着させ

左右に動かす。

 

2)

内から外へと小さく円を描くように拳を回し

耳の方に向かって動かす。

 

皮膚の表面だけでなく、皮膚の下にある筋膜も一緒に

緩めるように行う。

 

3)

後頭部の両サイドの出っ張った骨から

拳をうなじへと下ろしていく。

 

この時も皮膚の下にある筋膜を動かすように行う。

 

4)

両手を広げて後頭部に当て、親指の腹で

うなじに沿って圧をかける。

 

②おでこの下にある筋膜を緩める

1)

中指を中心に眉間に3本の指の腹を密着させる。

髪の毛の生え際までジグザグに指を動かす。

 

皮膚表面をさするようなではなく、

皮膚の下にある筋肉を動かすイメージで。

 

2)

おでこの中心に指を置き、生え際から

頭頂部に向かって指で圧をかけていく。

 

頭頂部までいったら元に戻ってもう一度。

 

以上になります。

 

自律神経が乱れていると感じたり、眼精疲労がありましたら

ぜひ寝る前に行ってみてください!

 

当院でも治療にプラスしてヘッドマッサージを行っていますので

https://ookurayama-seikotsuin.com/blog/post-5171/

上記のような症状がありましたら行ってみてください!

 

以上

自律神経の乱れにはでした。


最後にお知らせです。

 

●診療日変更●

2022年3月16日より休診日が次の通り変更になります。

 

●変更前:水曜日

●変更後:水曜日日曜日

 

3月16日以降は水曜日と日曜日が休診日となります。

 

※3月休診日

2日(水)、9日(水)、16日(水)、20日(日)、23日(水)、27日(日)、30日(水)

 

急な変更でご迷惑をおかけしますが

宜しくお願い致します。


当院では

コロナ対策として

出勤スタッフの検温を朝と昼に行い

体調管理をしております。

 

院内は定期的に換気を行っております。

 

治療者は

治療前の消毒、治療後のベットの消毒を行なっております。

 

可能な限り、コロナ対策をこれからも行ってまいります。

今後とも何卒よろしくお願い致します。


大倉山 駅前 港北区 予約不要 水曜休診 コロナ感染対策

エルム通り 整骨院 日祝診療 寝違え ぎっくり腰 免疫力向上

テレワーク症候群 疲労 交通事故 ハンドリフレ ヘッドマッサージ

肩こり 腰痛 骨盤矯正 むくみ アルコール消毒 腸もみ テレワーク疲れ

耳ツボ療法 花粉症 柔道整復師

小林整骨院大倉山 宮沢 雄太