ブログ BLOG

足関節捻挫

2019.10.08 ブログ

みなさんこんにちは

スタッフの小島です(^^)

 

 

本日は

足関節捻挫について説明させていただきます!

 

 

足関節捻挫とは

スポーツをする中で一番多いケガと言われています!

ジャンプの着地時やステップの切り返し動作

走ってる最中、足を踏み込んだ際に怪我をします。

 

時には

歩いている最中や階段を踏み外した際など

日常生活でも発症します。

 

 

足首の捻挫は

足首を内側〔内返し〕にも外側〔外返し〕にも捻ることが考えられますが

割合では

足首を内側に捻る内返し捻挫が多く。

足首の外側を痛めます。

痛む場所としては

外くるぶしの下に痛みや腫れを感じます。

 

 

 

足首は

3つの骨から関節を構成してます。

脛骨、腓骨、距骨という骨があります。

さらに

この骨の位置を靭帯が止めていて

捻挫の時はその靭帯が怪我をします。

特に捻挫を起こす際

前距腓靭帯という靭帯を損傷する事が多いです。

 

 

靭帯の損傷具合固定期間

 

損傷具合

軽度

靱帯の微小な損傷で

痛み腫れは軽い。

 

中等度

靱帯の部分断裂で

痛みが強く腫れも見られる。

 

重度

靱帯の完全断裂で

痛み腫れが著名に見られます。

 

重度の際は観血療法(手術)の適用でもあります。

 

固定期間

軽度は1週間

中等度は 3週間から最大で6週間

重度は 最低でも1ヶ月から2ヶ月は固定していきます。

 

 

 

最後に

足首を捻った場合は

まずは応急処置をしてください。

RICE処置といって

 

Rest→安静 患部の動きを止め腫脹の増悪を防ぎます

Icing→患部を冷やす 鎮痛、消炎効果があります。

Coercion→患部を圧迫 損傷箇所を広げないため

Elevation→患部を挙上 心臓より高く上げることで腫れを抑えます。

 

を負傷直後にすることで治りのスピードが変わります。

患部を冷やす際の注意点として

直接皮膚を冷やさないことと10分以上は冷やさないでください。

凍傷の可能性があります。

 

 

怪我をして

腫れなどを見るともしかして骨が折れてるのではないのか

これはどうしたらいいのかとパニックになると思います。

 

そんな時は応急処置をして

当院にご相談ください。

 

当院は全日診療予約不要ですのでお電話ください。

 

整骨院ではレントゲンを撮るといった画像診断はできませんが

骨折の有無を徒手検査で確認します。

 

どうぞ、お気をつけくださいね

 

 

港北区 地域一番院

予約不要 全日診療

大倉山エルム通り整骨院 小島